映画感想

俺と「守護教師」

残暑が厳しいある夏の昼下がり…。 「やあ、マイク。相変わらず暑いね。」 「久しぶりだねフィル。僕に用ということはまた映画の件かな。」 「察しが良いね。最近、韓国映画にハマってね。で、ある俳優の主演作品を見に行こうか迷ってて、君に相談しようかと…

俺と「よこがお」

深田晃司監督の「よこがお」を見てきました。 同じく筒井真理子が出演している「淵に立つ」以来の深田監督作でしたが、相も変わらず何とも言えない不穏さ、いい意味でのおさまりの悪さが印象的な作品でしたが、それ以上に主演の筒井真理子の圧倒的な存在感と…

俺と2019年上半期の映画

今年も半年が過ぎ、年号が平成から令和に変わったり、映画料金がほとんどの劇場で上がったりと色々あったりなかったりですが、なんだかんだでいつも以上に映画館で映画を見てしまったので、久方ぶりに上半期に見た映画を振り返ってみたいと思います。

俺と「2018年の映画」

実は大みそかの今日も映画を見に行く予定ですが、まあ、それはそれ、コレはコレということで2018年の映画を振り返っていきましょう。 ・劇場鑑賞作品数 新作映画:174本(2016年177本) その他映画:23本(2016年26本) 計:197本(2016年203本)・劇場鑑賞…

俺と「イット・カムズ・アット・ナイト」

最近A24のホラー映画「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」「へレディタリー/継承」「イット・カムズ・アット・ナイト」を立て続けに見てどれもなかなか印象的だったのですが、特に「イット・カムズ・アット・ナイト」が終わった後にじわじわと味わい…

俺と「きみの鳥はうたえる」の舞台挨拶

先週土曜日に大阪であった「きみの鳥はうたえる」の舞台挨拶付き上映に行ってきました。 舞台挨拶と言いつつもほとんどが三宅監督と観客とのQ&A形式で、映画を見ていて引っかかった部分や、監督自身のいろんな背景や考え方が聞けて良かったので、覚えてる範…

俺と「タリーと私の秘密の時間」

「タリーと秘密の時間」を見てきましたよ。ジェイソン・ライトマン監督&シャーリーズ・セロン主演という「ヤング≒アダルト」と同じ組み合わせの作品ですが、本作もとても良かったなと思いましたね。 あちらの主人公メイビスはタイトル通りどこかで大人にな…

俺と「キスできる餃子」

通勤や出張とかでJRに乗っているとたまに駅の広告や電車内の広告で見るのが「本物の出会い栃木」というキャチコピーですが、「はたして栃木に行けば本物に出会えるのか…!?」という疑問を解き明かすため、私は栃木行の電車に飛び乗ったのであった…。ちな…

俺と「殺人者の記憶法:新しい記憶」

「殺人者の記憶法」(以下、オリジナル)と「殺人者の記憶法:新しい記憶」(以下、新しい記憶)見てきました。ここ数年の韓国映画よろしく一筋縄ではいかない内容ながら、笑いあり、親子の絆ありと非常にエンタメとして完成度高い作品だと感じたので、そり…

俺と「2017年の映画」

振り返ってみると実は去年分をやってない!という事実に気付いたりしましたが、まあ、それはそれ、コレはコレということで2017年の映画を振り返っていきましょう。 ・劇場鑑賞作品数 新作映画:177本(2016年180本) その他映画:26本(2016年15本) 計:203…

俺と「パターソン」

ジム・ジャームッシュの「パターソン」を見た。アメリカのそんなに大きくない街パターソンに住むパターソンさん(アダム・ドライバー)の一週間を描いた物語で、びっくりするほど映画的な大きな出来事は何も起きない、いわゆる日常系と呼ばれるような作品だ…

俺と「ベイビー・ドライバー」

エドガー・ライトの「ベイビー・ドライバー」を見た。元より洋楽好き、それも私の世代よりも一昔前、私が生まれる前の時代の音楽が好きということもあって最高の音楽映画だった訳だが、今回は「音楽と演出最高!」という私にとっては一番グッときたポイント…

俺と「歓びのトスカーナ」

好きな映画監督を教えてくださいと言われると、あれもこれも思いついて中々選べないですが、好きなイタリア人監督を教えてくださいと聞かれることがあるのなら、間違いなくこの人をあげるであろう私の大好きなイタリア人監督パオロ・ヴィルズィの最新作「歓…

俺と「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督作でジェイク・ギレンホール主演の「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を見てきました。映画の大枠は、不慮の事故で突然妻を亡くしてしまう夫の物語で、昨年の「永い言い訳」を思い起こすよう…

俺と「ロボット・ソリのQ&A」

映画祭のレイトショー的な上映時間なのにQ&Aしてサイン会までしてくれた「ロボット・ソリ」のイ・ホジェ監督に敬意を表して、相変わらずメモすら取っていないその内容を、忘れる前にざっくりした範囲で書いときます。(間違いとかは大目に見てね)・監督…

俺と「パティンテロのQ&A」

大阪アジアン映画祭2017で見た「パティンテロ」。映画の方もなかなか面白かったですが、ミーク・ヴェルガラ監督のQ&Aが負けず劣らず非常に面白かったので、備忘録としてうろ覚えの範囲で書いときます…。(間違っててもご容赦を…) ・監督挨拶 「今日は私…

俺と「たかが世界の終わり」

公開を心待ちにしていたグザヴィエ・ドランの新作「たかが世界の終り」をちょっと前に見てきました。見終わった後の率直な感想は”ドランの作品の中では「トム・アット・ザ・ファーム」よりは好き”といった感じの作品でしたが、意外に結構後からじわじわくる…

俺と「2016年の映画をふりかえる」

2016年は途中からすっかり映画感想を書くことをサボってしまい、いつの間にか年も明けてしまいましたが、ぼちぼち昨年の映画を振り返ってみようと思います。 ということで、例年通り鑑賞本数とかベスト10的なものを発表しても良いのですが、数年前まで空中キ…

俺と「ハイローの秘密」

これは秋の深まりを感じるある午後に起きた出来事です…。「やあ、ピーター。どうしたんだい?そんな世界が終わりそうな表情をしてるけども」 「マイク…聴いてくれるかい?実は僕、大変なことに気付いてしまったようなんだ…」 「大変なこととか言いながら、本…

俺と「2016年2月の映画」

やばい、もう上半期が終わってしまう。上半期にしたかったことのうち半分もできたないのですが、とりあえず2月分の良かった映画についてはなんとかざっくりした感想を仕上げておきましょう。「ザ・ウォーク」昨年の試写会でレーザーIMAXで一足先にこの作品を…

俺と「リップヴァンウィンクルの花嫁」

岩井俊二監督の「リップヴァンウィンクルの花嫁」をちょっと前に見ました。 初めて岩井俊二監督作品を見たのですが、とにかくその寓話のような世界観とそれにマッチした役者陣に魅了されて、コレはなんか感想書かないとな…と思うような作品だったのでした。 …

俺と「X-ミッション」

〜ある雨の日の午後〜「ヘイ、マイク!久しぶり。」 「どうしたんだいフィル?」 「いやー、久しぶりに映画でも見ようかと思ってるんだけど、最近見た映画でインパクトの強い作品ってある?」 「あるにはあるけど…な…」 「じゃあその作品教えてよ」 「…。よ…

俺と「2016年1月の映画 その2」

やー、年度末になると色々仕事だったり仕事以外のことだったりでどたばたして、書きかけの1月に見た映画のことをまとめるのもままならない始末。ともあれ、年度が替わるまでにはなんとか無かったことにならないよう、1月に見た面白い映画のことをさっくり書…

俺と「マネー・ショート」

〜ある昼下がりの午後〜「ヘイ、マイク!久しぶり。」 「どうしたんだいフィル?」 「いやー、先日マネー・ショートっていう映画を見たんだけど、説明が全くチンプンカンプンでさ…。で、こういうことに詳しそうな君に色々聞きに来たわけさ!」 「よし、分か…

俺と「サウルの息子」

「Arbeiten!」 「アルバイテン!」これは大学時代にドイツ語を履修していたにも関わらず、1から10まですら満足に言うことも出来ない私にとって理解できる数少ないドイツ語の一つだ。この単語は「働く」ことを意味する動詞だが、劇中では何度も何度も主人公…

俺と「2016年1月の映画 その1」

「2016年はもうちょっときちんと映画の感想書きたいな…」などと思ってましたが、なかなか1本の映画についてまともな感想を書くのは結構難儀なものです。ただ、このままずるずるいったのでは、年末にまた「今年何見たっけな…」と迷うことは間違いなし!という…

俺と「2015年の映画」

年も明け、既に2016年になってしまいましたが、やり残していた2015年の映画について色々まとめてみましょう。 ・劇場鑑賞作品数 新作映画:172本(昨年-43本) その他映画:24本(昨年-29本) 計:196本・劇場鑑賞回数 新作映画:174回(昨年‐48回) その他…

俺と「2015年の映画パンフレット」

映画と同じくこの一年に購入したパンフレットを振り返り始めてはや5年目。今年も年末に帰省してパンフを撮影している私の様子を両親からは怪訝そうに見られていますが、そういった愚痴は置いといて、今年も印象に残ったパンフをさらっと紹介していきましょう…

俺と「2015年下半期の映画」

はい、2015年も残りわずかとなってきましたが、弊社では昨日が仕事納めでした。皆さん仕事は納まりましたか?私は納まってるといいなと思ってるわけですが、まあね、土日明けに一日出勤なんていう日程なんかで、仕事する気がきちんと起きるだろうか、いや起…

俺と「社内報のボツ原稿」

先日、会社で社内報を担当している後輩から、「400字程度でオススメ映画の紹介をお願いします!」という原稿依頼を受けたので、今後の会社での立場もまったく考えない渾身のネタをぶっ込んで倍の800文字もの原稿を書いたのに、印刷された社内報ではその渾身…